道具を愛することは、

くらしを愛するということ。

Scroll Scroll

いそがしい毎日の中にも、ささやかな幸せに包まれていたい。

家で過ごす時間が増えたからこそ、
日々くり返されるシーンの中でも、ほんのりと心躍らせたい。
その瞬間が、私に充実感をもたらしてくれる。そんな気がする。

たとえば、生活の中にこだわりのアイテムを揃えることもそのひとつ。
洋服、インテリア、そしてキッチン道具。
いつもそばにある存在だから、見た目や便利さだけじゃなく、
お気に入りのモノを選びたい。

好きな人と過ごす時間が心地いいと感じるように、
好きなアイテムに囲まれていると、心が満たされてゆく。
もちろん日頃のお手入れだって欠かせないけれど、
それもひとつの愛情表現だと思う。

道具を愛することは、
日々のくらしを愛するということ。

大好きなものと一緒に、丁寧に暮らすことで、
それを使う自分のことも、ちょっと誇らしく感じられる気がする。
そんな私らしい毎日を、これからも大切にしたい。

堺の歴史と伝統産業

大阪・堺市は「ものの始まりなんでも堺」と言われるほど、日本を代表する歴史や文化の始まりの地とされています。古くは5 世紀に、仁徳天皇陵古墳に代表される古墳群が築造。その際に、鍬や鋤などの鉄製道具をつくる職人が多く堺に定住し、後の技術・文化の発祥地としての基礎ができあがったと言われています。その後、16世紀には日明貿易・南蛮貿易の拠点として繁栄。多くの職人の皆さんによって「刃物」「注染」「線香」など様々な伝統産業が受け継がれています。

堺打刃物

堺打刃物・堺刃物

プロの料理人の多くから選ばれているという切れ味鋭い「堺打刃物」。誕生のきっかけは、16 世紀にポルトガルから伝わったタバコの葉を切る「タバコ包丁」にありました。
その切れ味は、後に江戸幕府から「堺極(さかいきわめ)」という印を入れて販売することを認められ、やがて調理用の片刃包丁にも派生していきました。
ほぼ全ての工程が職人の手仕事によって成り立っています。用いられているのは、真っ赤に熱した軟鉄や鋼を金槌などで叩き延ばして鍛える「鍛造」という技法。素材を叩くことで密度が増し、極上の切れ味と耐久性、そして美しさを生み出しています。
刺身などのやわらかな食材でも繊維や細胞膜を壊すことなく切れ、素材のうまみを中に閉じ込めることで、食感を損なうこともありません。さらに、切った食材が刃から離れやすい点も高く評価されています。

注染・和晒

泉州地域は古くから木綿の栽培が盛んで、中でも石津川が流れる堺市毛穴(けな)・津久野地区は「和晒」の名産地として知られています。「和晒」は、木綿の生地を緩やかな水流で2〜3日窯で焚き、脂分や不純物を除去・漂白することで作られます。
現在は工場のボイラーやポンプで作業が行われていますが、昭和中期ごろまでは川の水で生地を洗い、河原には純白の布が天日干しされていました。丁寧な作業によって品質を一定に保たれることで、手触りがやわらかく、吸水性にも優れた生地が誕生します。
そうして作られた生地に手作業で染料を注ぎ込む技法が「注染」です。生地の上に糊で土手を作り、そこに染料を注ぎ込み表裏両面から染めるので、糸の芯まで染まり、風合いのある染め上がりになります。鮮やかな彩りと自然なぼかしが特徴で、手染ならではの奥行きと風合いが醸し出されます。
現在は、手ぬぐい、浴衣のほか、日傘やアロハシャツ、コースターなど各種日用品に用途は広がっています。

注染・和晒

※堺打刃物、注染(浪華本染め)は国の伝統的工芸品に指定されています。

sakai kitchen〈堺キッチン〉は、
堺の優れた伝統技術を、もっと多くの人に
知っていただきたいという想いから
立ち上がったブランド。
“日々のくらしを愛する”をコンセプトに、
愛着をもって長く使い続けられる
上質なアイテムをご提案します。

堺打刃物・堺刃物

熟練の技から生まれる本格的な切れ味で
食材の味を最大限に引きたたせる包丁。
ご家庭でプロが愛用する品質が味わえる
製品を取り揃えています。

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

株式会社和泉利器製作所

072-238-0888

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

河村刃物株式会社

072-232-5039

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら
この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

株式会社馬場刃物製作所

072-232-2641

注染・和晒

伝統を誇る注染・和晒は、
インテリアアートやキッチンツール、
手ぬぐいと、
現代の暮らしのさまざまなシーンに溶け込む
アイテムに活かされています。

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

株式会社三共晒

072-271-0460

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

株式会社武田晒工場

072-271-0504

この製品に関するお問い合わせや
購入をご希望の場合はこちら

株式会社ナカニ

072-271-1294